カテゴリー
Blog コーヒーブレイク

Blue Note/Vol.28 Stanley Turrentine

vol.28はStanley Turrentineの紹介

ファンキーなテナー・サックズ奏者ジーン・アモンズの影響を受ける

洗練された高級感が漂うブルース・フィーリング

ジャズ・ファンだけでなくR&B、ソウル・ファンもよい音楽に酔いしれ

一般のリスナーも魅了し、大衆的な人気を博した

兄はジャズ・トランペット奏者トミー・タレンタイン

カテゴリー
Blog 建築雑談

長岡市立日越小学校/ver.1 現場見学会

改修工事を進めている校舎の現場見学会を開催した

教室、廊下を児童・先生に見学してもらった

見学に先立ちどのように建物ができていくか、どのように設計・施工が進められたか、説明の時間をいただき児童にも多少わかってもらったと思う

コロナ渦でなかなか児童とのふれあいもなかった

久しぶりに明るい笑顔にあえてよい見学会となった

カテゴリー
Blog よもやま話

「もしも徳川家康が総理大臣になったら」映画公開!!

新型コロナウイルスが流行した3年ほど前に面白そうなので読んでみた

歴史上の偉人たちをAI・ホログラムで復活させ内閣を構成する

誰がどのポストにあたるか小説ならではの面白みがあった

小説と現実は異なるとはいえ、家康内閣の奇策は面白い??

今回映画化で7月下旬に公開とのこと

おもなキャスト

徳川家康:野村萬斎  織田信長:GACKT  豊臣秀吉:竹中直人

坂本竜馬:赤楚衛二  テレビ局報道記者:浜辺美波

カテゴリー
Blog コーヒーブレイク

Blue Note/Vol.27 Joe Henderson

vol.27は Jhe Henderson の紹介

ブルーノートを代表するテナー・サックス奏者

意外に人気が高まったのはベテランになった90年代から

ジャズ雑誌ダウンビートの人気投票三冠王を2年連続に輝き

グラミー賞のジャズ部門も受賞

ウィントン・マルサリスは「彼こそがジャズ再興に最も貢献した一人」と敬意を表明

カテゴリー
Blog コーヒーブレイク

Blue Note/Vol.26 Live At Jazz Clubs

vol.26はジャズ・クラブの紹介

1940年代半ばにスウィング・ジャズのスタイルを好まないミュージシャンや観客

ニューヨークのジャズ・クラブ「ミントンズ・プレイハウス」での演奏が

モダン・ジャズの始まりと称されるビ・バップの母体となっていく

その後のジャズ・クラブは50年代のモダン・ジャズの黄金時代の舞台

ライブ録音のプロデューサーであるアルフレッド・ライアンのよるレコーディング

アート・ブレイキー、ケニー・ドーハム、ケニー・バレル、ソニー・ロリンズ

クリフォード・ブラウンなどライアンのプロデュースは完成度の高い音を録音

カテゴリー
Blog コーヒーブレイク

Blue Note/Vol.25 Curtis Fuller

vol.25はCurtis Fullerの紹介

モダン・ジャズでは演奏者の少ないトロンボーン奏者

リラックスした心温まる演奏が魅力

歌うようにメロディアスの演奏

ハード・バップ一筋での人気と評価をえる

ジョン・コルトレーンの「ブルー・トレイン」にも参加

カテゴリー
Blog コーヒーブレイク

Blue Note/Vol.24 The Three Sounds

vol.24はThe Three Soundsの紹介

神童と騒がれたピアノのジーン・ハリス

ベースのアンドリュー・シンプキンス

ドラムのブル・ドゥディの3人

演奏は完成度が高く覚えやすく心躍るような明るさ

「シャレード」はスローワルツをスウィング調にアレンジ

原曲のもつ哀愁とスウィング感覚の融合

カテゴリー
Blog コーヒーブレイク

Blue Note/Vol.23 Clifford Brown

vol.23はClifford Brownの紹介

モダン・ジャズのトランペッター

中音域で目の覚めるような輝かしいアドリブ・ソロ

泉のように湧き出る美しいメロディーラインと

エモーショナルな演奏に誰もが心を奪われた

25歳での交通事故死はあまりにも短い音楽人生

カテゴリー
Blog コーヒーブレイク

Blue Note/Vol.22 Bobby Hutcherson

vol.22はBobby Hutchersonの紹介

ヴィブラフォンの可能性をジャズにとりいれた

モード・ジャズやフリー・ジャズなどさまざまなスタイルを表現

ハーモニー、コード、複雑なリズムを駆使

ジャズ・ヴィブラフォンの可能性を飛躍的に高めた

カテゴリー
Blog コーヒーブレイク

Blue Note/Vol.21 Miles Davis 2

vol.21はMiles Davisの再登場

ダンス音楽流行からのスウィング

即興演奏に比重を置いたモダンジャズの源流ビ・バップ

繊細に抑制された演奏のクール・ジャズ

これらのスタイルを創造したのがマイルス

その足跡はジャズの歴史そのもの